profile

さくら

monthly

category

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
入院3
 入院中は本当にいろんな人にお世話になりました。見舞いに来てくれたサークルの友人たち、本当にありがとう!

 となりのベッドの人のお母さんが100円ショップでいろいろ買ってきてくれたり。向かいの人がパンツくれたり。本当に申し訳ないくらいありがたい。

 昼は父まで上京してきて驚きました。でも父は母と違って、最終的には認めてもいいけど、まだまだ話し合いが足りないと言われました。表立ってではないけど、一応味方になってくれたようでした。そして、父の若い頃の話をいろいろしてくれました。

 夕方、ちょうどご飯の時間に見舞い客らしき人が現れたので、誰の見舞いかな~と思ってたら、なんとお義父さん(滝汗)でした!しかも、持ってきた花束がピンクの薔薇!←同室の人たちに「かわいいじゃない」って言われました(笑)

 前日に初めてメールがきてたのですが、まさか翌日に会うとは思わず…。ひたすらびっくり。でも、悪いと思いつつも、ご飯は時間通りに食べないと下げられてしまうので、ご飯を食べながら話しました。優しい雰囲気はやっぱり親子似てるのかな~と思いましたが、お義父さんの喋りは立て板に水というか、途切れない!ほとんど仕事の話だったけど…。息子はお母さんに似て人見知りタイプなのに、お父さんの気さくさにはびっくり。でも、「二人とも成人しているんだから、自分たちの意志で決めなさい」と言ってくれました。
 お義父さんが帰ったあと、同室の人たちから「いまの、親戚の人?」と聞かれるほどでした。「初対面です」って言ったらみんな驚いてました。そりゃそうだ…。


 しかし、親子でメールの文章ってあんなに似るんですね!お義父さんからきたメールの文体が、息子に超そっくりでした…!思わず、国語学的に興味深いなんて思ってしまいました。

 夜になって、仕事から飛んで帰ってきた旦那ちゃんに会いました。顔が見られてよかった。


 私がセッティングして、明日は退院して両家の親ともども話し合いをすることにしました。父には、心の中では味方だけど、話し合いでは自分たちでがんばりなさいと言われました。言うのもなんですが、父の給料は低く、うちは何かと母方の祖母の援助に頼らないととてもやっていけなかったのです。私の学費もかなり祖母が出してくれていたりしたのです。お金のことを出されたら、父は祖母に逆らうことはできないのだと、私にも分かっていました。お金っていやらしいと心底思いました。


 今日は旦那ちゃんの誕生日でした。とてもそれどころではなかったけど。
スポンサーサイト
【2005/05/21 00:30】 12週 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<橋田須賀子にも劣らない | ホーム | 入院2>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakuray.blog11.fc2.com/tb.php/99-e898a32f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。