profile

さくら

monthly

category

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
妊婦って…
今日は人間学のT山先生のところに行った。なにせ毎回リアペのある講義を前期の半分まるまる休んだのだから、このまま出席してハイ単位どうぞ、って訳にはいかない。
だけど事情を説明したらとても親切にしてくれて、就活で休んだ学生と同じ扱いとして、最終レポートに小レポートを追加で提出すればいい、とのこと。「正当な理由だからいいですよ」って言われてちょっとびっくりかな~。確かにすんごいつわりひどかったのだけど、妊娠って病気じゃないわけだしね。優しいな~と思った。

そのあと卒論担当のM岡先生のところに行った。Mちゃんはとても親切にしてくれて、たくさんアドバイスをくれました。逆に「ここまでしてもらっていいの!?」って思うくらい。本当にみんなよくしてくれる。妊婦って得かも?

押田茂実先生の「死人に口あり」買いました。今年は法医学の講義とってないけど。去年買おうと思ったときには出てなかったので嬉しい~(笑)

旦那ちゃんは某OBさんと話してまーたぐるぐると悩み始めてしまったみたいでした。今更おろせって言われたらどうしよう、とかちょっとだけ思ったけどまぁそれはよっぽどじゃないかぎりないだろう…と、信じています(^_^;)

学生で妊娠したことは決してほめられたことではありません。そのことについていろいろ言われるのは仕方ない。自分たちが犯した失敗なのだから。
だけど、私たちは軽い気持ちで「産む」ということを決断したわけではない。真剣に悩み、考え、傷つき、やっと出した決断なのです。苦しい思いも、残酷な傷つきかたもたくさんしました。それを乗り越えて今私たちはようやく一歩踏み出すことができたのです。私は自分の決断に誇りをもって生きていきたい。そういうプロセスがあったことは、直接話をしないかぎり他人には理解できないことであって、何も知らない人に私の決断に対してとやかく言われる筋合いはない。軽々しく噂したりする人の人間性を疑いますよ。
上でも言ったけど、私がまだ学生の身であることについて言われるのなら普通の倫理観として当たり前だと思います。だけど、「産む」という決断を下したことについて、事情を知らない人に口出しされたくないです。私たちのことを真剣に考えてくれる人じゃない人、ただ噂をしたいからしているような人に言われたくないです。うちのサークルにそういう傾向があることは本当にイヤな一面なんだけど、まぁ裏で噂が広まっているのはもう止めようがないし私の耳に入らないかぎり訂正のしようもないのだけれど、もし私が言われたら言い返してやります。

だってさ、そうじゃない?

  あなたは私の何を知っているの?
  自分だったらどうするか、本当に真剣に考えたの?

  いのちがかかっているんです。簡単に決めたわけない。


こういう気の強い(っていうのかな)ところは本当に私と旦那ちゃんの正反対なところです。こういうことについて旦那ちゃんと議論してると疲れます。うぬー。
スポンサーサイト
【2005/05/25 23:14】 12週 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今日からブログ。 | ホーム | その後>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakuray.blog11.fc2.com/tb.php/3-41d2f077
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。