profile

さくら

monthly

category

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みんなに。
 寒くて少しつわりが…。少しつらい。
 でもつわりだと知らずに苦しんでいた時間が長かったから、今はまだいい。この子のためなんだと思えるから。原因不明の方が辛かった。

 今日は彼が愛知から帰ってくる日。(勤務先が愛知になったため、一人暮し中なのです。実家千葉だし)


 サークルの同学年の仲間をあらかじめ集めて、妊娠のことを話しました。産むということは、私の場合これから楽器の演奏が不可能になるのとイコールであり、冬の定期演奏会にも出られない以上、休部という形をとるしかないからです。ただ退部にしないのは、演奏はできなくても何らかの形で関わっていたいと思ったから。旦那ちゃんも同じサークルの卒団生なので、私も卒団だけはしたかったからです。
 みんな驚いていたけど、できることは力になるよ、と言ってくれた。うれしかった。こういう仲間がいてよかったと思いました。後輩に話すかどうか悩んだけど、みんなに相談したら「変に噂にならないように、ちゃんと話しておいた方がいいんじゃない」とアドバイスしてくれたので、合奏前の時間を借りて話しました。みんなぽかーん、としてました…当たり前だけど。

 旦那ちゃんにうちの近くで会いました。結局お金の話ばかりになってしまったけど、しょうがない。出産にはお金がかかるのだから。
 コピーではいささかうつりが悪かったので本物の写真を見てもらって、おなか触ってもらいました。やっぱりそうすることで実感も少しは湧くんじゃないかと思って。

 親には手紙を書きました。電話だとまた泣いてしまって自分でも興奮してしまって、うまく思っていることを伝えられないと思ったからです。その中で、父が(こないだ電話したときに)おろして人生の軌道修正をしろと言ったことだけは許せない、と書きました。おろしてプラスマイナス0になるのは、私の周りの人だけです。周りの人は忘れても、私は絶対に「なかったこと」にはならないのです。おなかのなかにいままであったものが、からっぽになってしまうのです。心の中の何かと一緒に。おろしたからといって、赤ちゃんがいなくなったからといって、私は決して戻れはしないし、忘れられないのだから。



 男性も女性もだけど、特に男性にはつわりもないし、おなかに何も実感がないからわからないかもしれないけど。だけど、いままでお腹の中で育ててきたいのちがなくなってしまうということ、それは決して0に戻す行為なんかではないのです。なかったことにはならないのです。本人じゃないからそんなことを思うのです。ここを見ている人に、これは決して忘れてほしくないと思います。だから、前の日記を見返しては泣きながらもこの日記を書いています。当時の気持ちを思い出すだけで涙が溢れます。だけど、伝えたい。そして、私自身が、決して忘れたくないと思うから。だから、残します。
スポンサーサイト
【2005/05/14 19:10】 10週 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<入院 | ホーム | 決意。>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakuray.blog11.fc2.com/tb.php/18-3d5973de
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。