profile

さくら

monthly

category

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
報告☆
 本日午後5時ちょうど、2716gの男の子を出産しました!

 分娩室で2時間半の長い戦いを終えてようやく出てきました。

 初めて見たときはやっぱり感動でちょっと涙が出ました。「無事に生まれてきてくれてありがとう」という気持ちでした。

 沐浴とパパとのご対面を終えて戻ってきた赤ちゃんは、分娩室で2時間ほど経過を見ている私の横に。でも途中で泣き出してしまって、動けないんだけどなんとか右手でポンポンとたたいてあやしていたらそのうち寝てしまいました(笑)私がママだってわかるのかな?口をポカンとあけて寝ている顔はパパそっくり??

 さすがに2時間半は長かったのか、頭が興奮していて体はグッタリで、陣痛室へ(病室のベッドが満員だったので)。あまりのことに晩御飯はほとんど口に入りませんでした。そして興奮でなかなか眠れず、睡眠時間は3時間くらいでした。

 
 出産の経過。

 
 日付が変わってからも10分以内の間隔の陣痛は続いて、明け方の5時、パジャマにカーディガンとジャンパーを羽織っただけの格好で、パパの車で病院へ。即再入院となりました。ズボンは脱いで、産褥ショーツに穿き替えてパットをあてます。

 陣痛室で、時々分娩監視装置をつけながら、深呼吸から「ヒッヒッフー」へ、そして「フー、ウン」の呼吸へと移行。呼吸なんだけどもう痛くて痛くて、声を出して半分わめくみたいになってました。看護婦さんに「声を出したら今から体力消費するから、声を出しちゃだめ」と言われ、なんとか息だけを吐くように頑張るけど、痛い&もう出したくて出したくてたまらない!「まだ出しちゃだめなの!?」って感じです。「ヒッヒッフー」までは「フー」のときにおしりを撫でてもらうだけで我慢できたけど、「フー、ウン」になるともうパパに拳でおしりを押し返してもらわないといきんでしまう!あとで「かなりの力で押さないといけなかったよ」と言われました。

 陣痛と陣痛の間は、5分間隔くらいのときは余裕があるのですが、数分間隔になると笑顔なんてかけらも出ません…。過呼吸になる人もいるって話だったので気をつけてたつもりでしたが、手足がしびれて自分の意思では動かせなくなり、ああ今私過呼吸になっちゃってる、と頭の中ではわかっていましたが、しびれはかなりの間続きました。
 
 手を突っ込んで子宮口の開き具合を見られるたびめっちゃ痛い。「いま○センチですねー」(たしか10センチ?で全開)って言われるたびに、「こんなに痛いのにまだそれだけなの!?」って思いました。トイレにも行きたくなるから陣痛室の中にあるトイレに行くんですが(外にあったらやってられない)、トイレに行く間にも陣痛がくるからすごいつらい!全開近いときにはほんの数分間隔だから、便器に座ってる間にくるといきみたいのを我慢するだけで精一杯。

 子宮口9センチになったところで人口破水しました。ほんとにあったかい水が流れる感じなんだなーと思いました。そして陣痛室へ。

 分娩台に乗っかったら、すぐにいきんでいいよと言われました。陣痛の合間に導尿や剃毛(というより散髪に近かった)をします。よく浣腸するって聞くけど、浣腸はありませんでした。そのかわり、いきんだときに出てきてしまう便をふき取っている感じでした。

 陣痛がきている間に2回いきむのですが、1回目はうまくできても息継ぎをして2回目になると1回目にどうやってたのか忘れてしまって、うまくできませんでした。それでも少しずつ頭が見えてきて「がんばって!髪の毛が見えてるよ」と言われました。
 時計がすぐ横の壁にかかっていたので、それを見ていましたが1時間、1時間半とたってもほんのちょっとしか進まず。1回1回のいきみが全力なので体力は限界にきていて、「まだやるの!?」と思いました。帝王切開のが後がキツイのは知っていても「もうお腹切って!」と思わずにはいられませんでした。
 何分後だったのか覚えていませんが2時間越えるころでしょうか、先生がきて、もうちょっとやって産まれなかったら吸引分娩しようということになりました。もうちょっとやってじゃなくて、いますぐ引っ張って出して!と思いましたけど。2時間越えるとさすがに体力も精神力も尽きてきて、「もうちょっと、もうちょっとだからね」と言われても「もう無理!もう無理!」って思っていましたが、普段持久力なんかとは無縁の私がそれでもがんばっていきむことができたのはひとえに母の力なんでしょうかねー。
 もう何度「もうちょっと」と言われたかわからない頃、会陰を「バシンバシンバシン!」と切る音がして(痛みはまったくわかりませんでした)、周りの肉をみんなで押してやっと頭が出ました!いや、頭が出たっていうのは正直私はよくわからなかったのですが、看護婦さんにいきなり「はい、手を離して!」と言われて頭が出たんだなと気がついたのです。あとは短息呼吸をしているうちに、ズルズルっと何かが出てきた感触がわかりました。そしてその少しあとに「オギャー」という声が聞こえて、口々に「がんばったね」「お疲れさま」という声が聞こえて、ああ終わったんだと気がつきました。

 後産のあと切った会陰を縫ったのですが、切ったときと違ってだんだん我に返ってきているので、痛い。でも陣痛のときは声も出なかったから、痛いなんて口から出るだけまだまし。でもやっぱり痛かった(笑)しかも切った会陰が肛門括約筋まで裂け、産道と会陰のあちこちに裂傷ができていて、それも縫い合わせたのでかなり長い間かかってました。縫合が終わってからは分娩台で2時間ほど経過をみます。
スポンサーサイト
【2005/11/27 17:00】 産後 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<初めての授乳 | ホーム | 狼少年?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakuray.blog11.fc2.com/tb.php/114-79b49d9d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。